くどう皮ふ科

皮ふ科の病気

陥入爪

◎陥入爪とは何ですか。

 陥入爪とは爪の角や側面が周囲の皮膚に食い込んで起こる病気です。細菌感染を起こしたり、食い込みがひどくなると痛みを生じ、日常生活に支障を来すこともあります。
原因としては爪の角を深く切りすぎる深爪、先の細い窮屈な靴を履いての長時間の歩行、サッカーなどのスポーツなどがあります。また、爪水虫などで爪が脆くなると爪が変形しやすくなり、陥入爪が進行します。

◎陥入爪は何科へ行けば宜しいですか。

皮膚科、形成外科や整形外科などで扱います。
陥入爪のある人は爪が『の』字型に曲がってしまう巻き爪にもなりやすいようです。痛みのために深爪をすると食い込み部分がなくなるため、一時的に痛みは取れますが、爪が伸びてくると再び爪が周囲の皮膚にあたりますので痛みが出現し、陥入爪も更に進行してしまいます。また、爪の端が十分に切れていないと端がトゲのように残ってしまい更に激しい痛みを生じます。

◎どのような治療がありますか。

 まずは予防です。足先を圧迫するような靴は避けるべきです。しかし、大きすぎる靴も靴の中で足が動き、つま先に負担がかかります。先が丸く、靴ひもで固定できるようなウォーキングシューズが最適です。それと深爪をしないことです。指の曲線に沿って爪を切り、すこし白い部分を残すようにした方が良いでしょう。
治療としては軽症の場合は爪が周囲の皮膚に食い込むのを防ぐために爪の両側にコットンパッド、ガーゼやビニールチューブを詰め込んだりします。しかし、症状がひどい場合は手術が必要になります。以前は爪を全部はがしてしますことがありました。爪を全部取ってしまえば痛みはなくなります。しかし、次に爪が生えてくるときに爪床に引っかかって分厚くなって変形したり、かえって陥入爪が進行することがあります。  現在、よく行われているのは爪が食い込んでいる部分を数㎜程爪母とともに爪を取ってします方法です。爪母は機械的に破壊したり、フェノールという薬物やレーザーで焼いて爪が生えてこなくします。非常に効果的な方法ですが爪が細くなり整容的に問題となったり、踏ん張りが効かなくなることがあります。
その他の新しい治療方法としては超弾性ワイヤーや形状記憶合金を用いた爪を矯正する方法があります。特に巻き爪は手術での完治は難しく矯正治療が主流となります。  超弾性ワイヤーを用いる方法は爪の両端に小さな穴を開け、曲げても真っ直ぐになろうとする性質を持つワイヤーを爪に通し、バネの力で爪の陥入を矯正する方法です。また、形状記憶合金のプレートを爪甲に接着し、ドライヤーで加熱してプレートが平に戻ろうとする力で爪を矯正する方法もあります。しかし、効果はワイヤーを用いた場合よりも弱いようです。この2つの方法を組み合わせた治療法もあります。ただし、これらの方法は保険では認められていないため自費診療になります。

◎最後に

 陥入爪の治療は症状の程度、患者さんの希望や費用を勘案して決めることになります。きちんとしたポリシーを持って診療する医師であればどの科でも構わないと思います。